■ DNA検査について ■

 

当店では以下4種の検査に対応しております。

・PBFD(サーコウイルス)・BFD(ポリオ―マウイルス)・CHL(オウム病クラミジア)・SEX(性別鑑定)

検査費用

各¥5,000~7,000-(税別)

複数の検査機関を利用していますので、検査機関やサンプリング方法により価格が異なります。

詳しくはお問い合わせ下さい。

  • PBFDとBFDは、原則販売する全ての個体に行っております。(例外あり)
  • CHLは、不規則的に一部個体に対し実施しております。
  • 性別鑑定は性的二形種を除く個体のほとんどに対し行っております。(例外あり)
  • 性別鑑定はインコ類以外も可能です。 ※実績:猛禽類、フラミンゴ、ペンギン、エミュー、オオハシなど
  • 疾病や排菌特性及び検査の性質上、精度は100%ではありませんので御理解下さい。
  • お迎え前の再検査や任意検査も承り致します。
  • 既に飼育されている鳥さんのお持ち込みの検査もご相談承ります。

■ 健康診断について ■

 

お迎え前の 鳥専門医” による健康診断(診断証明書あり)も承り致します。

(検査内容:そのう液検査・糞便検査・触診・外観目視)

 

 検査費用 

¥15,000- (税別) 

※高速代・交通費(往復約112km)・出張費(移動約2時間+診察時間)・診断証明書含み

 
【その他の検査について】

上記以外にも動物病院では、様々なDNA検査・血液検査・レントゲン検査などを受けることができます。

但し、野生動物ですので、病原体を全く保菌していないケースは大変考えづらく、

病原体と共存する事で免疫を構築している面も多分にございます。

加えて、通常の健康診断の検査としても一般的ではない為、当店ではこれらの事前検査は原則対象外となります。

 


 *FAQ* 「DNA検査」と「健康診断」の違いは??

 

基本的な健康診断は触診、外観目視、糞便検査、そのう液検査など「目視(顕微鏡)見える範囲」までの検査になります。

目視の範囲内であれば、病原体や異常が複数該当しても検査費用自体は変わりません。

主に、ヘキサミタ、マクロラブダス(メガバクテリア/AGY)、カンジタ、寄生虫、目羽皮膚などの外観異常などが該当します。

対して、ウイルスや細菌は顕微鏡では見えない為、DNA検査が必要となります。

病原体毎に各々の検査が必要なので、検査を行う病原体1種毎に費用が発生致します。

健康診断とDNA検査では根本的な検査対象の病原体が異なります。