*ご注意*

こちらのページは当店の経験や知識及び専門書を基に、当店対応のDNA検査について、当店にて鳥さんのお迎えをご検討の方、お迎えされた方への参考情報として掲載しております。

当店は獣医ではありませんので立場上、治療相談や情報収集のみのお問い合わせにはお答えできません。


PBFD(サーコウイルス)について

〈当店より〉

PBFDはインコやオウムを飼育する上で最も懸念すべき疾病として認識しております。

抗ウイルス剤がなく、環境耐性も強く、様々な感染経路で感染するので予防・治療ともに大変困難な疾病です。

当店では基本的に販売する全ての個体に検査を実施しております。(一部例外あり)

 

〈分類〉

ウイルス性感染症

 

〈原因〉

サーコウイルス(Psittacine Beak and Feather Disease Virus)

 

〈特徴〉

主に幼鳥における感染で突然死・急性死を引き起こします。

突然死・急性死以外に免疫不全を引き起こし、二次感染を併発します。

免疫不全によりPBFD未感染なら重症化し難い感染症などが重症化しやすくなります。

感染しても発症しない個体においては一部、陰転する個体も見受けられます。

インコ・オウムのエイズ/HIVと解釈すれば分かりやすいかと思います。

但し、PBFDが大きく異なる点は、環境中でも長期間生存でき、

ほとんどの消毒液が無効ですので予防が大変困難です。

鳥種によって陽性率や感受性(影響の受け易さ)が大きく異なります。(詳細下記)

 

〈鳥種別所見〉

陽性率が高い鳥種

 …セキセイインコ、ラブバード(コザクラ、ボタン)類。

  特にセキセイインコの陽性率は大変高く、主要感染源として重要視されます。

  当店の経験上、アキクサインコなどグラスパラキート類においても注意が必要と認識しております。

  これら種は自身は発症せず、他の個体に感染させる“キャリア”も多く注意が必要です。

感受性が高い鳥種

 …ヨウム類、ハネナガ類、白色オウム類、オオハナインコ類、アジアンパラキート類。

  感受性が大変高く、特に1歳未満での感染の多くは致命的経過を辿ります。

  挿し餌段階の幼鳥の感染では突然死・急性死を引き起こします。

感受性が低い鳥種

 …コニュア、アマゾン、ピオヌス、オカメインコ等

  これらの鳥種での発症は比較的稀で、発症しても軽度で陰転する傾向にあります。

 

〈症例〉

・突然死(主に挿し餌段階の幼鳥)

・嘔吐、食欲不振、食滞などを呈しての短期間での急性死。

 (主に挿し餌段階の幼鳥~1歳未満の個体)

・羽毛の異常(脂粉減少、変形、脱落、変色、換羽不全、羽軸内の血液凝固など)

・嘴の異常(変形、変質、脱落など)

・具体的な症状を呈さず慢性的に少しずつ進行する衰弱死

・二次感染による各疾病の症状。

 

〈治療方法〉

抗ウイルス剤やワクチンはありません。

対症療法と免疫低下・二次感染を防ぐ治療が主軸となります。

 

〈予防〉

飼育前のDNA検査の実施、未検査個体や陽性率が高い鳥種との隔離飼育などを行います。

DNA検査の「陰性」とは「未感染」を示すものではないので、再検査や定期的な検査も視野にいれる必要があります。

検査はあくまでも検査検体内(羽や血液や糞)へのウイルスの有無を検査するものであり、

免疫抑制や排菌特性により検査検体内にウイルスが存在しない、または微量で検出できなかっただけの可能性もあります。

人間のDNA検査同様に、検査精度が100%ではない点をご理解お願い申し上げます。

ハイターやアルコールなど一般的な消毒薬のほとんどが無効であり「ビルコンS」が有効です。